FC2ブログ
08 月<< 2020年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 
学力を上げるために何をしたらいいか悩んでいる学生が非常に多い。

「そうやって悩むことも大事だ。将来きっと君の力になる」
こんな先生の言葉に心打たれている子供がいるけど、かわいそうだよ子供が。

「君はその先生を尊敬している?信じている?」
「はい」
「その先生はアドバイスしてくれていると思うけど、その通り実行している?」
「はい、実行しています。時間をしっかり取って、もう半年くらいやっています」
「その先生の授業はわかりやすい?」
「はい」

結論を言う。
「君が伸びないのは、その先生の言う通りに勉強しているからだ」

伸びない理由は以下。
・その先生の指導と指示が学力を伸ばすためのものではない、あるいは間違っている。
・わかりやすい授業をしているが、伸ばす指導ではない、あるいは伸ばすことを知らない指導である。

教育、特に子供の学力を伸ばすために指導者に求められていることは何か考えてほしい。

有名大学を出ているから伸ばせるのか。
1級の資格を持っているから伸ばせるのか。

これらは子供の学力を伸ばす条件の中で1番、2番に重要な条件かというと実はそうではない。

知識を持つことに興味がある指導者は、さらに知識を広げるため、深めるために時間の多くを費やす。
しかし人間には時間の限界がある。
あれもこれもは、なかなか難しいのが現実である。
ではどうすればいいのか。

私たちの仕事は子供の学力を伸ばすことである。
その子を伸ばすために何をどうすればいいか時間の多くを費やして、その子が必要としていることを考えなければならない。

このことに日々取り組んでいる指導者の多くが、学力を伸ばす具体策を知っているし、彼らは子供の学力を伸ばしている。
子供の学力を大きく伸ばす要素の第1は、「指導者の学問の知識」ではないということだ。

「私の言う通りにやっているようだが、言う通りにやっていて伸びないわけがない。君の努力が足りないから伸びない」
と言う指導者がいるが、私はこう言う。
「あんたが指示していることが間違っているから伸びるわけないだろう」
と。
子供に責任転嫁してはいけんよ。
  • このエントリーのカテゴリ : 教育

●フォシル君が立てた毎日の計画
「えっと~、6時に帰ってきたら少し休んで~……」
ときたもんだ!
 6:00 帰宅
 7:00 数学
 7:30 夕食
 8:00 自由時間
 9:00 入浴(30分)
 10:00 英語
 10:30 休み
 11:00 国語
 12:00 就寝
「できたー!これで学力倍増間違いなし!」

●レジェンドさんが立てた計画
「わたすは、フォシル君のような毎日の計画は立てませんよ。その日の事は、その日に決めようと思って、次のようにしましたわんわん」
① 今日の勉強は2時間30分しようかな~。
② 今日学習する科目と時間を決めまする。
   英語40分 理科50分
   数学30分 国 語30分 
③ 決めたことをやらない限り寝ないからね。

さてこの二人の計画について一緒に考えましょう!

フォシル君の計画はきちんとしているようにみえますが~、この計画には大きな落とし穴があるのがわかりますか~! 

「さてと10時から英語か~。がんばるぞっと!」
とヤクルトでも飲んでと。
自分の部屋に行こうとしたその時、
「にいちゃん、これからテレビにあいみょんが出るみょん(^^♪」
「え!あいみょんちゃんが出るの?見たいな~('◇')ゞ……。英語の時間だけど、見てからがんばるから見ちゃお」

ハイ!ここです、フォシル君の計画の欠点は!
予期せぬことに出くわすと、この計画はガンガン狂って行くのです!

レジェンドさんの計画は、どうずらか。
フォシル君のように見たいテレビ番組があっても見ることができる計画ですよね。
テレビの見すぎに注意ですが。


不登校の子も気軽に授業に参加できるオンライン授業(直接指導です)
学習塾 松進(まつしん)

本部事務局 箕輪町中箕輪9547-1  
電話 0265-79-7090
箕輪校(79-5088)/南箕輪校(78-1172)
伊那校(73-8561)/駒ヶ根校(96-0018)
春富校(72-4928)
  • このエントリーのカテゴリ : 教育
前回のブログから三日くらい経ったかな~、そろそろブログを更新しようかな~、なんて思っていたら、ゲロ~~!!今日は何日?17日!
浦島太郎気分(^^;)

ところでこのブログタイトル、感激じゃんね(笑)
つまらん?
あ、そう。('◇')ゞ

さて本題に入りまっす。

日々の学習、テストに向けての学習を実りあるものにするために学生たちは計画を立てる。
しかし三日も経てば計画がつぶれる。
それは8/1のブログでも話した。

ではどうすればいいか。
難しく考えることはない。
実行できる計画にすればよい。


今日は何を勉強しようかな~。
英語の単語力がないから単語を30分間覚えて、20分間は現在完了の文型を暗記しよう。
次は数学だけど60分は、がんばるぞ。
証明問題をやる!合同条件を覚えていないからまずそれを覚えて、残りの時間は合同の証明問題を学習しよう。
今日は生徒会の仕事もやらないとだから、あと1科目くらいしか勉強できそうもない。
生徒会の仕事が終わってから、どうするか決めよう。

以上のようにその日に計画を立てればよい。
決めた時間の中で精いっぱいがんばればよい。

どの英単語を覚えても良い。知らない英単語であれば、今日の授業で出てきた単語でもいいし、単語テキストの単語でもよい。
頑張ってやったら27個暗記できた。これでいい。
現在完了の文型暗記を20分やってみたけれど、全部暗記できなかった。
明日続きを覚えよう。これでいいのだ。

数学も合同条件を覚えてから証明問題の学習をしたら応用問題を3問学習できた。これで良い。

だいたいの学習時間を決めて、その中でやりたいことを精一杯頑張ればよい。
途中で時間になったら区切りのいい所で勉強を終わりにすればよい。


次回はこの計画の立て方の続きと1日(毎日)の計画の立て方について話してみたい。
  • このエントリーのカテゴリ : 教育
新聞に「学習計画の立て方」が載っていた。
このような計画の立て方を学校や塾の先生たちが子供たちに指導しているのをよく目にしてきた。

この計画の立て方が子供たちの学力を伸ばさないばかりか、学問における探究心を妨害していることを彼らは知らない。

この学習プランには欠点があるので、今日はそれについて触れてみたい。

新聞に載っていた計画を見ていただきたい。 


IMG_20200804_155036.jpg


8月1日と2日が1日に3単元学習することになっている。
3日から7日までは1日に2単元学習。
いずれも均等に割り振っているが、もし8月1日の1、2、3の単元が計算のような簡単な内容であり、8月2日の4、5、6の単元が難易度が高い内容だとしたらどうなるか。
8月1日は学習がスムーズに進むが、2日は難しい内容のため学習時間がかなり必要になり、予定のページを全部学習できなくなる。
時間が予定よりかかってしまうと、他の教科の勉強にも影響が出る。
他の教科でもページ均等割りだとしたら、同じことが言える。

日々の学習プランをページ均等割りで設定するとこのような無理が出てくるのだ。

計画通りに進まないと子供たちはどんな気持ちになるか。
「どうして俺は計画通りにできないんだ。俺って駄目だな」
と心で叫ぶ。
ところが親や先生は
「お前(君)は、根性がない。なぜ計画通りにやれないんだ!がんばってやってみなさい」
と言う。
ふざけたもんだ。

問題集は1ページごとに量も違えば難易度も違う。
そのことをわかっていない大人たちが多すぎる。

ではどういう計画を立てるべきか。
これについては次回に話そうと思う。



  • このエントリーのカテゴリ : 教育
山本寛斎氏、弘田三枝子さんの訃報。
ファッション界の異端児、人形の家という心のどこかに令和にないものを予見したかのような歌を歌った歌手。
昭和の1ページを飾った人の訃報に接すると身に染みるものがある。寂しさを感じずにはいられない。
昭和、平成、そして令和。
時は変わろうとも、それぞれの時代を精一杯生きてきた人たちの足跡は偉大だ。
消えゆく昭和。
あとどれだけこのような寂莫とした気持ちを共有できるのだろうか。


  • このエントリーのカテゴリ : 教育
 

QRコード

QR