FC2ブログ

実験大会を行いました

小学生の理科実験大会を行いました
今回のテーマは「音」。
自分たちの声を使ってみたり、防犯ブザー等も使って普段は起こらない状態を見てみたり。
最初は声を出すことを恥ずかしがっていた女の子も、面白さにどんどん夢中に。大盛り上がりとなりました。

IMG_1185.jpg

将来「音」を勉強として学ぶ時が来ますが、こんな風に様々な現象を実際に体験し感覚として「音」を掴めていると、きっと勉強が面白くなると思います。これからも、様々なことを体験していこう

専任講師 石川

松進タイムズ

松進で毎月発行している松進タイムズ
今月は「合格者の声特集」です。

毎年、この時期に発行しているのですが、合格者の声を見るたびに
「あの時、A君はこんなことを考えてたのか…
「こんな発想ができるなんて、Bさんも成長したなぁ…
など、彼らが合格した嬉しさと相まって、改めて深く感動します。
この仕事をやっていた良かったと実感する時ですね

20160427164121cb8.jpeg

文系専任講師 藤河

空き缶実験

IMG_0658_convert_20160424142431.jpg IMG_0659_convert_20160424142459.jpg
今回、生徒たちと空き缶を使った簡単な実験をやってみました。
「全く何も入っていない空き缶は、まっすぐ立てることできるよね
「うん、うん。当たりまえだよ~
「そう、当たり前だのクラッカーだよね。じゃあ、斜めに立てることできる?
何回かチャレンジした後、
「だめだ~できない
「だめでしょ~。でもこうやって水を入れてあげて~、斜めにすると
「うお~、立った。なんで~
「これはね。重心と垂直抗力の関係で・・・・・・・」
と説明してあげると
「へ~、家でお母さんやお父さんにやってあげよう
地味で簡単だけど、インパクトのある実験でした。
実験って、本当にみんなをドキドキ、そして笑顔にさせますね。(^-^)/

理系専任講師 大槻(ツキチャ)

がんばろう!

daigaku.png

今春、大学生になったAさんとメールをしていた時に、
「大学生活はまだ慣れていないので大変ですが、ホントに充実しています
というメールが来ました。

毎年、この時期に卒業生の様子を聞くのが楽しみなのですが、大学生活を楽しんでいる学生ばかりです。
新高3生にその話をすると、「いいなぁ…」が半分、「がんばろう!」が半分の表情を見せていました。
彼らが先輩たちと同じ大学生活を送れるかどうかはこれからの一年の頑張りしだい。
そんな話を続けてすると「がんばろう!!」が100%の表情に

みんな、期待しているよ!

文系専任講師 藤河

大切にしたいもの

英語が好きな小学生のB君。今日も黙々と単語を練習し、スイスイと問題を解いていました
ところがしばらくして手が止まり、何だか悩んでいます。声をかけると、
「“ヤチット”って、何だろ…
とのこと。
「あぁ、ヨット(yacht)、モーターボートのことだよ
「これでヨットなのそうか~ヤチットはヨットか~!
とても衝撃的だったようで、しばらくヨットを楽しそうに言いまくっていました。最後も片付けながら
「や~今日は何だかスッキリしたなぁ~
と満足げ。
そして、挨拶をして教室を出た後に、なんと廊下から
「ヤチット!
と声が聞こえてくるではありませんか。
そんな嬉しそうなB君に、こちらも嬉しくなりました

この楽しさ、嬉しさ、大切にしていきたいです

english_book_boy.png

専任講師 石川

成長

新学期の授業が始まって1週間。
成績を上げるためにすべきことや学習の方法について、改めて話しています。
すると、一つ一つ咀嚼(そしゃく)し納得している姿勢の表れなのでしょう、うなずきながら聞いている生徒がとても多いことに気づきます。
真っ直ぐにこちらを見つめる真剣な目。
また一つ生徒たちの成長を感じました。
この成長をさらに後押しできるよう、さらに指導に力を入れていこうと思います。

理系専任講師 三松

リスニングの練習

英語の授業でリスニングの練習をしている時のこと。中学生のA君は1回目を聞くと必ず「速すぎですよ!」と文句(?)を言うのが恒例です。今日も同じセリフを言いながらも、一生懸命練習。最後には分かるようになるので、松進のリスニング練習は好きなようです。
私の学生時代は学校で「とにかく聞いて慣れる!」しか教わらなかったので、中学生の時からこのやり方で練習できるA君たちを見ていると羨ましい限りです

今は単語帳も進化しており、昔はリスニング用のテキストくらいしかCDが付いていませんでしたが、今は大学受験用の単語帳のほぼ全てで、CDが付くか音源をダウンロードすることができます

ツールが良くなっているので、あとは「やり方」と「本人の努力」でどんどん力を付けることができます。これからもその「やり方」を伝えていきたいと思います

専任講師 石川

蓄積

諏訪大社の御柱祭に行ってきました。
「柱を曳く綱がすごく太くて、一人の力では全然動かないんだ。でも、みんなが力を合わせると簡単に持ち上がるんだよ。不思議な感じだね」
生徒に話してあげると
「そうなんですね、へえ~」
写真にも興味津々の様子でした。
onnbasira 1  onnbasira 2
小さな力の集積で大きな力になるのは学習も同じ。
コツコツと地道に努力を重ね、大きな成果を挙げられるようにガンバロウ!

理系専任講師 三松

やる気満々

新学期が始まり、多くの生徒が新しいテキストで授業を受けています。
早めに来た小学生のA君にテキストを渡すと、早速開いて楽しそうにあちこち見ています
「今日は学校でここをやったんだよ!
と、自分から読み始めました。
真新しいテキストには、こちらが少し嫉妬してしまうくらい素晴らしい力がありますね。
今年度もいろんな事に挑戦して、たくさん学んでいこう



専任講師 石川

新年度

今日から松進の新年度が始まりました。
外はあいにくの雨で、空気が少し重く感じたのですが、
「こんにちはー!」
と元気よく挨拶をする子ども達の声が、そんな空気を吹き飛ばしてくれました。
子ども達の元気な姿を見ると、
「がんばらなきゃな!」
と思いました。

今年度もどうぞよろしくお願いします。


文系担当 原(悠)

決意

「先生、これからの授業ですけど・・・」
来週から始まる新学期の授業でどの講座を受講していこうかの相談でした。
大方の内容が決まった後、
「来年の春に、先生方に絶対笑顔を届けたいので、厳しく指導お願いします」
決意表明ともとれるきっぱりとした物言いに、成長の跡を見た思いがしました。

いよいよ松進の授業が始動します。
来春、満開の笑顔であふれかえるよう、気合を入れていきたいと思います。

041.jpg
理系専任講師 三松
松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR