FC2ブログ

子ども文理教室

各教室で「子ども文理教室」を行いました。
今回のテーマは「単位」。
知っているようで知らない「単位」
聞いたことはあるけど知らない「単位」
最初は単位の説明をしたのですが、子どもたちは日頃使い慣れていない言葉に難しい表情
しかし、説明の仕方を変えると、。
「これくらいかな
「もっと長いと思う
生き生きとした表情に一変、教室中が活気に溢れました。
DSC01552.jpg
その後もやり方を変えて大盛り上がり。
そんな「単位」について深く、そして楽しく学ぶことができた文理教室となりました

理系専任講師 三沢

文化祭

DSC01542.jpg

先日、松進の先生たちで、高校の文化祭に行ってきました。
「あ、これ買っていって下さい
「縁日やっていって
など、普段は見られない学生の姿が見られるイベントなので、我々も楽しみにしています。

ただ、私個人としては、高校時代は冷めた目で文化祭を見ているタイプでした。
ですので、今こうやって彼らが頑張っているのを見ると
「あぁ、俺も高校時代、こうやって一所懸命に取り組むべきだったなぁ…
と心の底から思います。
「本気でやるのがかっこ悪い」ではなく「本気でやるからかっこいい」。
大事なことですよね
文化祭に行って、彼らの輝いている姿を見ると、後悔で少し胸が痛みます。

みんなは後悔しないようにな!

文系専任講師 藤河

勧誘

「先生、待ってますよ」
満面の笑顔で言う高校生たち。
今週、いよいよ文化祭シーズンの幕開けです。
毎年ギリギリまで準備に追われ、時には夜遅くまで学校に残ってがんばってきた生徒たち。
今年は一体どんな出会いをプレゼントしてくれるでしょうか。
今から楽しみです。

DSC08325.jpg
理系専任講師 三松

やる気UPな出来事

中学生のAさん、いつも授業中は黙々と勉強するのですが、今日は問題を解いている途中で話しかけて来ました。
「今日学校の数学の時、クラスで頭イイ人がいるんですけど、その人が解けなかった問題が解けて、珍しく勝ったんですよ!
塾の宿題に出ていたため最近何度も練習していた分野で、相手がうまくいかないと困っている間にすんなり解けたとのこと。とても嬉しかったようで、状況を詳しく話してくれました
勉強の効果を実感できると、またやる気が一気に上がりますよね。良きライバル君にも感謝です。
テストまであとちょっと、この調子で頑張って

専任講師 石川


カウントダウン

「来週の今日、センター試験までのあの数字は丁度 “200” だ。ということは、その翌日に先頭の数字はすでに “1” 」
毎日更新される受験までのカウントダウン。
100の位がついこの間 “2”に変わったばかりと思っていたのに、あれからもう100日が経とうとしているわけです。
この話をした途端、大学受験を控えた全員の表情が明らかに変わりました。

そう、自分なりにわかってはいる。
しかし、それを客観的に言われることで、本当に実感として胸に届いたのでしょう。

私たちは最後までみんなの味方です。
苦しくとも辛くとも、乗り切ってこそそこに結果が現れます。
今はがむしゃらにガンバロウ!

011.jpg
理系専任講師 三松

思考の言語化

授業中の“あるなる”なのですが、問題は解けていても、
「なぜ、この問題はこういう答えになるの
と聞くと、固まってしまったり、曖昧な答えしかできない学生が多くいます。
ここをキチンと説明できる学生が学力が上がる学生です。

逆に言うと、そこをキチンと説明できるようになった学生を見ると、「成長したなぁ」と嬉しくなります。
昨日の授業でも、Sさんが「ここにwhatが入るのは…」としっかり説明してくれたの聞いて、ちょっと感動しました。
こんな学生たちの成長を目の当たりにできるのも、我々の特権の一つですね。

文系専任講師 藤河

野菜パワー

今週は実験週間です。
すりおろしたニンジンにあるモノをかけると、ブクブク・・・
「これは、みんなが吸ってる酸素だよ。」
「酸素ってニンジンくさいね。」
「実は酸素にはにおいが無くて、今はニンジンの匂いしか感じないんだよ。」
「酸素ってアレでしょ、空気中に約20%含まれてるやつ。」
6年生からはこんな発言まで出て少しびっくりしましたが、普段食べている野菜が薬品のような怪しい反応をすることに興味津々。
最後にこのブクブクを利用してあんなことをすると・・・。
パンッ!!

「・・・!! 何これ!!
「すげー!もっかい!
野菜パワーに大盛り上がりでした
・・・ちょっと掃除が大変でしたけどね



専任講師 石川

実行・実感・継続

中学生のAさんが塾へ来て、
「先週計画していた所、全部終わりました
とのこと。いつも前の日にやった単語を忘れてしまうので、覚え直していると目標の数を覚えるのが難しい、と言っていました。
「先生の言ってた方法やってみたんですよ。そしたら確かに忘れにくくて、次の日は次の単語がちゃんと練習できて、目標の量ができました。」
進んでいるという感覚が嬉しいようで、今週の計画を楽しそうに立てていました

松進で伝えているその方法はとても良い方法なのですが、実行して実感してそれを継続して、やっと結果に出てきます。実際行動したAさん、その嬉しさを忘れずに、継続していこうね

study_wakaru_girl.png

専任講師 石川


文化祭近し

少しお疲れぎみの高校生がちらほら。
でも、気合を入れて授業に臨んでいます。
何がそんなに疲れるのか聞いてみると、
「文化祭の打ち合わせや準備で・・・」
そういえば、再来週には文化祭シーズンの幕開けです。
私たちも毎年楽しみにしている高校文化祭。
今年はどんな出会いが待っているでしょうか。
「写真を撮るときには集合をかけるから、そしたらすぐに駆けつけるんだぞ」
合点承知!とばかりに、大きくうなずいてくれました。
school_bunkasai.png
理系専任講師 三松

夏の花

日に日に暑さを増し、先週までジャケットを着て塾に来ていたとは思えないくらい暑くなりました
5月初旬はファンヒーターを動かすこともありましたが、今はエアコンがフル稼働。
教室外のプランターも夏の花が植えられました
DSC_0006.jpg  DSC_0007.jpg
いよいよ夏が迫ってきましたね。
これから暑い、そして熱い夏が始まります。
受験生にとっては部活に文化祭と忙しくもあり充実した時期となります。
暑さに負けず、夏の花のようにグングンと成長しましょう

理系専任講師 三沢

今月末のテストに向けた特別授業が始まります。
「テストで点を取るためにやるべき事は何か
その疑問にしっかり答えていきたいと思います。

今日も何人もの子供たちが自習に来ていました。
「頑張ってるねー
「必死になってやらないとなんで。
「そうそう、その調子だよ。」
その必死さが点に結びつきます。がんばれ松進生。


文系担当 原(悠)

小学校の運動会

小学校の運動会が行われ、松進の先生たちも授業の前だけですが応援に行きました
生徒たちは一生懸命応援したり何かのリーダーなのか指示を出したりと、塾では見られない活躍を見ることができました
6年生のA君は先日
「運動会、めんどくさいんだよね、早く終わんないかな。」
と言っていましたが、ずいぶん楽しそうに盛り上がっているではありませんか。本番が楽しいのが一番ですね。最後の運動会、いい思い出になったでしょうか。
来週、話を聞くのが楽しみです

DSCF3998.jpg

専任講師 石川

広島を思う

gahag-0035091281.jpg

三松先生もこの記事の中で語っていますが、オバマ大統領が広島を訪問して1週間が経ちました。

「71年前の雲一つない晴れた朝、空から死が降ってきて、
世界は一変した。
閃光(せんこう)と火の壁が街を破壊した。
そして人類が自らを滅ぼす手段を持ったことを明示した。」
このオバマ大統領のスピーチを聞き、感慨を覚えた方も多いのではないでしょうか。

テレビのインタビューで、年配の方が、
「ここまで来るのに71年かかったが、自分が生きているうちに、
ついにこの日を迎えられた」
と話すのを聞いて、聞いている私も胸が熱くなりました。

謝罪を求める声もありましたが、世論はアメリカにもあります。
訪問するだけでも、障害があったことは想像がつきます。
そんな中で、世界中が原爆について考えるきっかけができた。
私はそれだけでも大いなる意義があったと思います。

「オバマ大統領は謝罪すべきだった」と思う方もいるでしょう。
それを頭から否定するつもりはありません。
大事なのは、様々な意見があることを知り、自分の血肉にしていくことだと私は思います。
学生たちにも、私の意見も含め、様々な意見を伝えています。

文系専任講師 藤河
松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR