FC2ブログ

台風一過

台風10号の影響がなくなり、午後には透き通るような青空が広がりました。
「台風が近くにある時、今、どっちの方角に中心があるかは……」
台風の風向きの関係から中心の方向がわかることを話してあげると、みんな感心した様子。
さらに、
「風は気圧の高い方から低い方へ吹くから、こうして覚えれば……」
風向きの簡単な覚え方を教えてあげると、またまた感心していました。
身近なところにも学習の糸口は見つかるものです。
さて、明日はどんな端緒があるでしょうか。

台風10号2016
理系専任講師 三松

スマホ断ち

高校生のA君が授業後に、
「家に電話したいんですが、電話を貸してもらえますか?」
と事務局に来ました。
あれ、今日は携帯どうしたの?と聞くと、
「携帯は親に預けることにしたんです。
なんと、勉強に集中するため携帯断ちを始めたそうです。
スマホにかなりの時間を取られているのは分かっていても、「友達との連絡は取りたいから」「調べ物で必要だから」と何かと理由を付けて手放せないでいる中学生・高校生は多いものです。友達関係が大切な学生にとって、ラインの付き合いから離れるのは大変な勇気が要ります。A君が勉強に本気になった、ということですね
がんばれA君



専任講師 石川


武器を持つ

検定試験の募集が松進で始まっています。
資格を持っていれば、自分の実力を証明するだけでなく、
入試を有利にする大きな武器になります。
積極的に受検していきましょう。
英検の申し込み締切は9月7日、漢検の申し込み締め切りは9月17日になります。

文系担当 原(悠)

自覚

各高校も夏休み終了。
これまで受験生には「夏休みが大きな山場の一つ」と話し、彼らもそれなりに自覚を持って臨んでいました。
そこで、夏休みの終了を受けて、久々に大学入試までの日数についてみんなで確認しました。
「センター試験まであと144日、およそ20週」
全員の表情が変わります。
改めて日数の短さを自覚したようで、
「そうか、それだけしかないんだ」
「しっかりやらないと・・・」
目の色が違っていました。
「頑張ります!」
そう言う彼らを、私たちも全力で応援していきます。
787246d58e7b2d3632717462706d69fb_s.jpg
理系専任講師 三松

小論文の講座やります

毎年好評の「小論文」講座 を今年も実施することになりました

14717065490.jpeg

日時 : 9月2日(金) 午後5時~6時
会場 : 松進 伊那校

ただ添削するのではありません。「何を考えて書くのか」「書くためのコツ」を学べます。その日から実践できる、松進独自の優れた秘策を、余すことなく伝授します

松進生でない学生も受講できます。
お問い合わせはTEL 0265-79-7090 まで。

専任講師 石川

性格

お盆休みに東京に行った時のこと。
地下鉄の駅で「仮面ライダー スタンプラリー」が行われているのを目にしました。

20160819161726117.jpeg

そのスタンプ台に並ぶ小学生と思しき子ども達
列に並ぶ姿を見ていると性格が一目で分かります。
落ち着いて待っている子ども、父親に「まだ? まだ?」と連呼している子ども、ゲームを一心不乱にする子ども、etc…
彼らを見ながら、「私ならこんな風に接するな…」と無意識に考えている自分がいました。
職業病ですね(笑)。

しかし、学生の個性に合わせて、指導を変えていくのが我々の仕事。
その意味では私の行動は正しいのだ!、と自己弁護をしておきます(笑)

文系専任講師 藤河

夏期講習終了

DSC_0001.jpg
長かった夏期講習も終わりました。
毎日多くの生徒が教室を訪れ頑張っていました。
「この問題を解くためには○○が大切だよ。」
「難しい問題には△△を考えると解きやすくなるよ。」
弱点や勉強方法、今後の課題や対策など生徒一人ひとりと向き合い指導しました。
また自習する生徒も多く、生徒の中には朝10時から夜10まで頑張った生徒も大勢いました

この夏期講習を通じて受験生の意識が大きく変わったと思います。
質問や勉強時間、授業中の表情など1ヵ月前とは比べものになりません。
急激に力を伸ばす事は難しいですが、この姿勢を持続させればきっと成績は伸びます。
頑張りましょう

理系専任講師 三沢

自由研究

「夏休みの宿題帳、あと少しで終わる!
とテンションが高めのA君。これが終われば後は統計グラフだけになるそう。何について調べるのか聞くと、
「父さんに昼間寝てもらって、1時間ごとに体重がどれくらい減るのか調べる。
珍しいところに目をつけたなぁと驚きました。とても気になり詳しく聞くと、計画では、昼間飲まず食わずで8時間寝てもらうとのこと
「熱中症とか心配だし、飲み物だけは飲んでもらって。飲む量を量っておけば大丈夫だから。」
と言ったものの…。
お父さん、8時間頑張ってください。A君同様、私も密かに結果が楽しみです

454550.jpg

専任講師 石川


佳境

夏期講習も前半が終了し、折り返し地点になりました。
学力を上げるために、ただ時間を長くすればいいというものではありません。
内容とやり方とが一体となり、そこに時間が加わることで効率のよい学習が為されます。
短期集中の特別講習は、その意味でうってつけの学習の場です。
こういう機会を目いっぱい生かすことで、正しく効果的な学習習慣が身についていきます。
あと数日、効果の実感がわくような指導を心がけていきます。
みんなも心して講習に臨んでくださいね。
fb133f3428f4f8053e4e116bacbdcab3_s.jpg
理系専任講師 三松

質問

この夏休みに復習をがんばっている高校生のAさん。数学の質問に来て答えていたのですが、最後に
「何で先生は、解き方を思いつくんですか?

これを学生たちから聞かれると、いつも懐かしい気持ちになります。自分も高校時代に同じことを聞いたなぁと、思い出すからです。何で先生には解けて、自分には解けないのか。
Aさんには身の回りのことを例に挙げて話すと
「あ~…。それって、結構勉強しなきゃですね。」
感覚は分かってもらえたようです

結局は勉強が必要という結論にはなりますが、こういう 「できる人と自分はどこが違うのか?」という見方や考え方は、何を身につけるにも大切だと思っています。
勉強をできるようにする過程は、大切な要素がたくさん含まれているものだなぁと、改めて感じました。



専任講師 石川


基礎なくしては

昨日、今日と、夏期講習の一環として基礎力講座が行われました。
を建てるにしても、野菜を育てるにしても、
基礎となる土台や畑をきちんと整備していなければ失敗してしまいます。
それは勉強でも同じです。
受験やテストが近くなると、とにかく問題をやろう、と思いがちですが、
基礎である単語や公式を覚えていなければ結果には結びつきません。
今回の基礎力講座で、生徒たちが基礎の大切さを学んでくれたら幸いです。


文系担当 原(悠)
松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR