FC2ブログ

色々な質問に…

先日、高校生のM君からメールが届きました。

20170563a1.jpg

そこで、本人と話をしたのですが、相談というのは国語の勉強法のこと。
学年で一桁の順位を取っているM君。
彼の向上心には頭が下がります

「これ、前にも話してあることの確認だけど…」
20分後。
「なるほど! ありがとうございました!」
笑顔で帰っていったM君。
松進では普段受講していない科目に関しても、みんな気軽に相談に乗っています。
…当たり前のことではあるんですけれど、それができていない(できない??)塾って多いんですよね(苦笑)。

文系専任講師 藤河

赤勝て、白勝て!

最近はこの時期に行う小学校が増えてきた運動会。
「赤組、速いです。白組、がんばってください」
校庭一杯に響くアナウンスの声。
「フレー!フレー!!」
声を限りの応援合戦。
松進生が出場すれば、思わず手を握り締めてしまいます。
カラッとしたまさに運動会日和の今日。
毎年のことながら、とても楽しいひと時を過ごさせてもらいました。
DSC08400hashire.jpg
理系専任講師 三松

ムシの報せ

今年も虫の季節がやってきました。
ホタルやチョウならまだかわいいのですが、
校舎にやってくるのは大量の羽虫たち。
外に出れば顔に当たる当たる。
「先生なんとかして!
と生徒たちに言われますが、こればかりはどうしようもないです。
建物の中に入ってこないよう気を付けていきます。



文系担当 原(悠)

何に使うのかな?

先日、松進の先生たちでスクリーンを設置しました。

20170525142924644.jpg

このスクリーンは授業中に使う予定です
では、どのように使うのか?
それは、授業をお楽しみに

文系専任講師 藤河

授業の後が大事

先日、授業の中で最近入塾した学生に復習事項を質問していた時のこと。
先週は質問しても「やったことは覚えているけど…」という反応だった学生が、「分かります!」と言う表情で質問にしっかりと答えられるようになっていました。
内心、「おっ、やるな」と思いながら「それだけ答えられれば十分だよ。OKOK」と声を掛けると、
「この前、言われたこと覚えてテスト受けたら、問題解けたんですよ
なんで、教わったことを覚えれば解けるんだ、と分かって
それを聞いて、苦笑しながら「いや、そりゃそうだろ」と答えてしまいました。

いつも学生たちには言っていますが、授業を受けて分かるようになるのは当たり前。
それが我々の仕事だからです。
大事なのは、その後に分かったことをどのように定着させていくのか?
彼らには、それを伝え続けていかないと!です

文系専任講師 藤河

DSCF4006.jpg

生き生き自習

5月前半は中3生でいっぱいだった自習室。
後半は今月末テストの高校生でいっぱいです。
初めての高校のテスト範囲の広さにビビる1年生は
「中3の時よりやることめっちゃ多いー。
「部活をしながら高校受験の勉強をしてる感じなんですけど!
と、大騒ぎしながら自習にやってきます。
部活後に直接来て、古文単語帳を見ながらお弁当を急いで食べて、自習して、質問して、授業に行って、また夜まで自習して。
忙しそうですが、同じ勉強でも高校受験前の自習の時より生き生きしている感じがします
大変なこと以上に、楽しいことがたくさんあるのでしょう
みんなテストに向けてがんばって

350199.jpg

担当 石川

効率

最近、自習に来ている生徒たちの様子を見てみると、
広げたテキストの一点を見つめてじーっと微動だにしない生徒がいます。
本人に話を聞くと
「テキストの内容を憶えていた」
と言うのですが、テキストの内容を質問してみると、答えられないことがあります。
「じっとしていると内容が頭に入ってこないよ
と言って、どうすればいいか実践させると、
さっきまで憶えられていなかった内容をスラスラと言えるようになりました。

勉強は、正しいやり方で行わないと効率が悪くなります。
これからも、松進は正しいやり方を徹底していきます。



文系担当 原(悠)

最後の大会

運動部の高校生たちは、今週高校総体の予選が行われています。
負けると、引退試合になる、という学生多い様子。

「たぶん勝てると思うんですけど…
「相手がちょっと厳しそうなんですけど、ここで終わりたくないです
など、学生によって大会に向かう心境もさまざまであるようです。
勉強と部活の両立にいそしんできた学生たち。
そんな彼らの努力が一つ実を結ぶことを心から祈っています。

…でも、残念ながら引退になってしまった学生たちは心機一転、受験に取り組んでいこうね!

2012_soccer_dan_01_r27_c2.jpg

文系専任講師 藤河

意志

高校総体の地区大会が始まり、松進生も沢山参加しています。
高1になったM君もその一人。
「大会が長引いてしまったので、今日の授業はお休みさせてください」
一度はそんな連絡がありましたが、しばらくしてもう一報。
「やっぱり遅れてでも行きます!」
部活と勉強の両立について改めて考えたようです。
その後、連絡の通り少し遅れて授業に合流。
いつも以上に集中力を発揮していました。
今日の行動を起こしたその気持ちは、必ずこれからに生きてくるよ。
ガンバレ、M君。
6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_s.jpg
理系専任講師 三松

きっかけ

201705111607513cf.jpg

今年に入って、毎週ゴロの英単語を掲示しています。
「先生こういうの得意ですもんね😁」
「今週の意外とうまかったですね✌️」
「あれ、つまらないんですけど、覚えられますね😅」
など、反応は様々。

しかし、どんな反応であってもこれが一個でも多く単語を覚えるきっかけになってくれれば、と思います。
もしかしたら、この単語がセンター試験で出るかもしれませんからね😊

文系専任講師 藤河
松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR