FC2ブログ

解釈

「さぁ、勉強をやるぞ」と気合を入れ始めた学生に多いのが
「やることが多すぎて間に合わない」という悩み。

この悩みを吐露する学生に向かって、私は「良かったね」と言います。
「???」と顔で表現する学生たち(笑)
ただ、内容を説明すると「あぁ、なるほど!」と納得してくれます。
何を考える上でも重要なのは「解釈」。
前向きな「解釈」をして、未来に向けて頑張っていこう!

ちなみに、その内容が気になる方は藤河まで聞きに来てくださいね

文系専任講師 藤河

DSC_0362.jpg

脅威

北朝鮮によってまたミサイルが発射されました。
今回は各自治体の防災サイレンや携帯に、
「Jアラート」と呼ばれる警報システムが作動しました。
生徒に話を聞くと、
「寝ていたらすごい音で起こされた」
とびっくりした様子でした。

危機はいつやってくるかわからないもの。
万が一に備えて、しっかり準備ができればいいですね。



文系担当 原(悠)

興味

publicdomainq-0004393baf.jpg
高校生のM君との会話。
「中学生までは数学が好きだったんですけど高校になったら面白くなくなってしまいました。」
数学が苦手ということではないようですが、他の科目に興味が移ってしまったようです。
数学は学年が上がるにつれて現実離れした学習をしていきます
中学数学では買い物や過不足といった日常に起こりうる事象を扱いますが、高校数学ではグラフやベクトルなど非日常的な範囲を扱います
ちなみに大学では4次元や、+-×÷記号以外の特殊な計算もします
ここまでくると非現実的な学問となります。
しかし、それらを「そんな考えがあったんだ」という発想の転換をすることで、面白いと感じることもあります。
私はそう思い、学生の頃は数学に夢中になっていました(笑)
どんな科目に興味を持つかは考え方次第ですね。
何にしても、生徒達には多くのことに興味をもってもらい将来に繋げて欲しいと思います

理系専任講師 三沢

検定

検定試験の受付がスタートしています。
検定試験は、自分の今の実力を測るだけでなく、
志望校合格のための、大きな武器になります。
生徒にはよく、
「受検しなければどんなに頭が良くても0点だよ。」
という話をしています。
積極的に受検していきましょう。
yjimage[2]

文系担当 原(悠)

先を見て

ほとんどの学校が夏休みを終え、いよいよ2学期の始業です。
高校生や中学3年生は休み明けのテストを控え、表情もさまざま。
加えて、公立高校後期試験までのカウントダウンもついに200日を切りました。
「ここからが早いんだよ」
初めての受験だからでしょう、中3のH君は今一つピンと来ていない様子。
でも、周りの高校生たちが一様に頷くのを見てそれとなく感じたようで、
「そうなんですね。がんばります!」
表情を引き締めていました。
そう、時間は止まることなく流れ、「その時」は確実にやってくるのです。
みんな、先を見て準備を進めよう!
fb8456015d89b9f35d45c9edaac3544e_s.jpg
理系専任講師 三松

0→1

以前にも紹介しましたが、私は秋田出身です。
お盆には秋田に帰省しますが、片道約600キロです
毎年、2~3回往復しているので「大変じゃないですか?」とよく聞かれます。
それに対する返事は「いやそんなに大変じゃないよ」です(笑)。

なぜでしょう?
これは単純に「経験している」か否か、だけの差だと思います。
最初の1回目は大変。でも慣れたら大丈夫。
こんな経験、皆さんもしたことありませんか?

これは勉強も一緒。
一番大変なのは最初の0→1です。
それを乗り越えられるように頑張ろう

文系専任講師 藤河

無題

精霊

出勤してから、校舎の階段を掃除していると、端に何やら緑の影。
モップを近づけてみるとピョーン。
「おーバッタだ!でけー!」
と思わず声にしてしまいました。
調べてみると、どうやらショウリョウバッタらしいのですが、
このショウリョウバッタはお盆の時期に現れるそうで、
「ショウリョウ=精霊」
から来ているのだとか。
この時期にぴったりの来客でした。

文系担当 原(悠)

大学入試へ

保護者のための入試説明会を開催しました。
親だからこそわが子の進路に関心を持ち、有利な道を一緒に考えてほしい・・・
そんな気持ちを込めて説明させてもらいました。
当たり前ですが、参加されたみなさんは真剣そのもの。
熱心にメモを取りながら傾聴。
進路決定から合格までの一助になれば幸いです。
IMG_2460.jpg
理系専任講師 三松

注意すべきこと

長期休暇明けのテスト
成績を落としてしまう学生にありがちなのが「勉強のやり方」の問題。
「勉強をしているのに下がった…」という学生は大体このミスを犯しています。

それは「暗記をする」ことと同じか、それ以上に大切なこと。
でも、学生たちの頭から抜け落ちやすいことです
昨日も授業中にこの話をすると、「あっ!忘れてた!」という学生がチラホラ。
この点を意識するだけでも成績は確実に上がる大切なことです。

「それは何?」と思った方は藤河まで気軽に聞いてみてくださいね。

0000000030.jpg

文系専任講師 藤河

こーへんのかーい

台風5号が来ています。
いつもなら太平洋で発生した台風は風に乗って日本を横断するのですが、
この台風5号は様子が違います。
「行こうかな?やめとこうかな?」
といった具合に、日本の近くを行ったりきたりしています。
なんて優柔不断なんだ。
来るなら来るですぐ来いや!
とは思いますが、
優柔不断な部分があるのは自分も同じ。
ほんのちょっとだけ共感できる台風です。


文系担当 原(悠)

夏に

夏期講習+通常授業!!
今日から1週間、並行して行います。
体力的には結構応えるものの、気力・精神力は充実してくるから不思議なものです。
もちろん、かと言ってこの状況をずっと続けるのは無理ですけど・・・(笑)
学生たちも講習+通常授業で頑張っています。
この頑張りが2学期からの大きな成長につながるよう、願わずにはいられないここ数日です。
jousyou.jpg
理系専任講師 三松

夏!

本当に暑い日が続きますが、松進では、その暑さも吹き飛ばす夏期講習が続いています。

特に受験生は私が密かに抱いていた「夏期講習の裏テーマ」がかなり明確に理解できたようで、
「ホントですね…
「これ、きちんと勉強すれば変わりますね
と成績が上がるイメージができた様子

後はそれを実行に移すだけ!
がんばろう!!

IMG_3476.jpg

文系専任講師 藤河
松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR