FC2ブログ

巨大オルゴール

日曜日、よく見る「ザ・鉄腕DASH!」という番組で下諏訪町が取り上げられていました。
廃材を利用して巨大オルゴールを作ったとのこと。
こう見えて割とミーハーな所があるので、早速見てきました。
諏訪湖SAの入り口にあったオルゴールは、

思ったより大きかったです。

毎回「この人たち何でもできるなあ。」と思いながらこの番組を見ているのですが、
地元が取り上げられると、なんだかこそばゆいような気持ちになりますね。

文系担当 原(悠)

記憶

中学生も高校生も期末テストが近づいてきました
そこで、脳科学に基づく記憶法を伝授
実は覚えようと思って見たものはほとんど脳内に記憶されていること、年を取っても記憶力は変わらないこと。
じゃあなぜ「忘れた」と感じるのかというと・・・
中学生は「そういうことだったんですか?!
高校生は「あ~そういうことだったんだー。」と納得した様子。
スポーツも科学的根拠に基づいてトレーニングする時代
受験勉強やテスト勉強は脳のスポーツですもんね

body_nouha.png

担当 石川

不思議を考える

DSC_0118.jpg DSC_01200.jpg


昔からあるデザイン定規。
ギアと歯車を使って様々な模様を描くことができます
不思議でもあり、面白いですね
しかし、
「なぜこんな描き方になるんだろう?」
そんなふうに考え、説明することがこれからの入試では問われます
松進では様々な工夫を凝らした授業を行い、子どもたちに考えさせます。
幅広い考え、そして好奇心を育みたいと思います

理系専任講師 三沢

歓声

東海大諏訪高校の合格発表があり、
現地へ行って番号の確認をしました。
掲示された番号の確認をしていると、
「あった!あったよ‼️」
「やったー!高校生だぁー‼️」
という声が。
見ると、女の子二人が抱き合って涙を流しながら喜ぶ姿がありました。🙌
それがとても印象的で、
「よかったなあ、おめでとう!」
と、見ているこちらも胸にじんとくるものがありました。
松進生も全員合格!おめでとう🎉


文系担当 原(悠)

お客さん

日本中に寒波が訪れ、東京では大雪
伊那谷にも同様に雪が降りました

「サムっ!」
と松進の先生たちが帰ろうとすると…

IMG_3546.jpg

こんなお客さんが、玄関に
松進の先生たちみんなで、写真を撮って「さようなら~♪」と挨拶をして家路につきました。

文系専任講師 藤河

また今年も

授業時間の関係で会う機会が減ってしまった、箕輪校に通う高3生のAさん。久しぶりに会うと
「先生~、質問したいところが溜まっちゃったんです・・・
と困り顔。時間のある日時を伝えると、なんと伊那の春富校まで自習&質問に来てくれました
一通り質問が解決し、夜まで自習していくとのこと。
「お母さんがいつもお世話になります~って。
と、差し入れのお菓子もいただきました。

15166391210.jpeg

休憩に、顔と同じくらいの大きさのエビせんをみんなでボリボリしながら雑談していると、昨年、毎日自習に来ていてよく話した元高3生たちとの日々を思い出しました
この子たちともあと1ヶ月か・・・。

担当 石川

新生活に向けて

study_boy.jpg
1年前に入塾した小学6年生のH君。
苦手科目の算数をがんばっています
ある日、H君と話をしていると
「毎週火曜日から金曜日まで学校が終わったら塾に来て自習します
中学生になる前に苦手科目を克服しようと決めたようです。
小学生から塾に自習に来る生徒は少ないですが、H君からは並々ならぬ決意を感じることができました
がんばれH君。
その気持ちを忘れず、私たちも応援していきます

理系専任講師 三沢

「考える」ということ

先日、何気なく見ていたテレビで、成績を上げる親のかかわり方が紹介されていました。
そのテレビ番組で強調していたのが「子供の話を聞くこと」。
そして、「子供に考えさせる問いかけをする」ということでした。
もちろん、我々も面談などで話をしている内容です。

その内容を具体的に妻に話したら、「へぇ~」という顔で大きく頷いておりました。
…でも、その話は、前にもしましたよ(笑)

文系専任講師 藤河

english_book_boy.png

どんど焼き

準備に参加していたどんど焼き🔥が行われました。
子どもも大人もみんな、火を囲みながら話したり、持ってきた繭玉(お餅)を焼いたりしていました。
参加した人たちの顔を見るとみんなニコニコ
こちらも自然と笑顔になれる、そんなお祭りでした。


文系担当 原(悠)

ごちそうさま

月に1度の松進の「サラメシ」。今回の当番は三松先生と悠矢先生です
野菜たっぷりの健康メニュー。
冬期講習や年末年始で不健康な生活を送った先生たちのことを、とてもよく考えてくれた(?)献立です
とてもおいしくいただきました
個人的には「自分以外の人が作ったものを食べる」という幸せを感じるサラメシ。それを子どもたちに話しても全く通じませんが…

15160710460.jpeg

担当 石川


センター試験開始

gahag-0034670229-1.jpg
センター試験が始まりました
今年は58万人余りの受験生がセンター試験に臨んでいます。
1日目は地域によって雪の心配もされましたが、大きな混乱も無く終わったようです。
そして明日は数学と理科が行われます。
センター試験は大学受験生にとって第一の関門。
受験生のみなさん、全力を出せるよう祈っています
頑張ってください

理系専任講師 三沢

センターまで…

センター試験まで、残り期間も数えるほど。
私の授業もセンター前の最後の授業を迎えています。

去年の8月から、猛烈に追い込みをかけていたY君。
入塾は遅かったものの、その後、毎日自習に来ていたK君。
塾生一人一人の頑張りを想うと、胸が熱くなりました。

真剣な表情で私の最後のアドバイスを聞く塾生たち。
彼らの今までの人生の中でも最も大きな行事ともいえるセンター試験。
来週、彼らが笑顔で私のもとに来てくれることを願ってやみません。

文系専任講師 藤河

b7b3da11bafe5dd5814ad91a5037a5a9_s.jpg

今日はこの冬初めて雪が積もりました。今週末はセンター試験ですが、この冬一番の寒さになるとのこと
実は毎年、最低気温が一番下がるのがセンター試験の頃なのです。
とはいえ春には花粉症、夏は熱中症、秋は台風と、どの季節も受験にとってマイナスが…。四季のある日本、仕方がないですね
ただ、受験生は屋内で勉強生活なので、冬休み中は寒さを忘れていた人も。
「久しぶりに学校に行くのに外に出たら、寒いことにびっくりした
という高3生。
大雪だけは降らないでほしいものです

yukidaru.png

担当 石川

冬期講習終了

今日で冬期講習が終了しました。
冬休みは短い休みですが、たくさんの生徒が教室に来ました。
受験に向けて頑張る生徒
苦手科目の克服に頑張る生徒
授業後も残って自習する生徒
教室は常に生徒の活気と熱気で溢れていました。
この努力が結果に繋がることを祈ります。
そして、来週月曜日からは通常授業が始まります。
いつもの曜日にいつもの顔を見られると思うと今から楽しみです

理系専任講師 三沢

「知っている」と「できる」

新年あけましておめでとうございます
今年も学生たちのために精一杯、頑張りたいと思います。

今年の自分のテーマは
「いかに『知っている』から『できる』に変えるか」。

先日、A君と話をしていた時のこと。
「塾ではわかるんですけど、テストで点が取れないんですよ。才能ないんですかね
と彼が話をしてきたので、
「何を言ってるの?
とじっくり時間をかけて、A君に足りないことを懇々と話しました。

-----数分後-----
「すいませんでした。訳わかんないこと言ってました
と納得してくれた様子。
ここで説明したのが「知っている」と「できる」の違いです。
今年は「できる」学生を増やすために全力で頑張ります!

文系専任講師 藤河
jousyou.jpg
松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR