FC2ブログ

響く

東海大諏訪高校一般受験の合格発表がありました。🌸
現地での発表に集まった保護者はまばらで、
皆さん静かに合格者番号を確認していました。
塾生の番号を確認していたら、
「あったよ‼️」
と声が。
見ると、受験生の女の子が2人抱き合って喜んでいました。
静寂な雰囲気の中に響いた声と、午後の光の加減、遠くから聞こえてくる野球部の掛け声が妙にマッチして、
「なんか、いいなあ
と感じ入ってしまいました。
喜ぶ姿って、いいものですね。


文系担当 原(悠)

今年の春期講習は違う!

中学生・高校生の今年の春期講習は、松進独自の講習を行います
「これができるまで帰らない」という気持ちで挑む、名付けて“カンヅメ春講”。春は基礎力を徹底的に鍛えます。
1日に最長で8時間勉強にチャレンジする学生も
手応え、達成感を感じられる春になるでしょう

新中学1年生の講習は、中学の勉強の準備を行います。
本格的な勉強が始まる中学校。最初につまずくと、どんどん傷は大きくなって気づいたときには治すのが大変になってしまいます。
少しでも準備をして、良いスタートを切りましょう
どなたでも無料です。

小学生の春期講習、宿題帳指導会も行います。

お問い合わせは TEL 0265-96-0018 まで。

syukudai.jpg

担当 石川

いつも以上の力

lgi01a201411230600.jpg
オリンピックも終わりに近づいています
いつもオリンピックを見て思うことがあります。
それは、自己ベストを出す選手が多いという事
なぜ大舞台の中で一番の演技ができるのか
それは日々の練習と本番の集中力が成せる事だからではないでしょうか。
本番は練習のようにできることが大切だと言われます。
しかし、練習には本番のような緊張感やプレッシャーはありません。
本番には、練習には無い覚悟が必要です。
それらがうまく噛み合うと、集中力を高め結果に繋がるのだと思いました。
もちろん、これは勉強にも共通する事です。
日々の努力があるからこそ本番に力が発揮されます
毎日の積み重ねが大切ですね。

理系専任講師 三沢

マインド

私が最近の高2生によく話しているのが、「マインドは大事だよ」ということ。
受験をものすご~~~く単純化していうと、
「分からないところを見つけて分かるようにする」。
これだけです。
これをやり続ければ、絶対に志望校に合格します

不安だろうが、多少伸びが鈍化しようが、そんなマインドをもって、正しい手順、正しい方法で物事をやりきる。
それで成績が上がらない? そんな事は200%ありえません。
だからこそ、「これをやりきるんだ!」という思いが大事なんですね。
そんな話を毎週、松岡修三さんに匹敵するほど暑苦しく学生に話しています(笑)。
この想い、伝わりますように!

文系専任講師 藤河

b7b3da11bafe5dd5814ad91a5037a5a9_s.jpg

おいしいパワー

本日は松進の「サラメシ」の日。当番は三沢先生と悠矢先生でした。
メニューは天津飯とサラダ。
とてもおいしいおいしくて夢中になって食べていたのですが、気づくと周りの先生たちもあっという間に完食しているではないですか。みんなおいしかったということですね
よく考えてみたら、天津飯というものを食べたのは人生で初めて。
おいしい初めての天津飯に元気が出て、今日の中学3年生直前特訓も気合いが入りました。ご飯の力は偉大です
受験勉強にもおいしい食事の力は大事ですよ!

15190921770.jpeg

担当 石川

疑問

公立高校後期試験まで20日を切りました
授業に臨む生徒たちは真剣そのもの。
そんな中、Y君から
「先生、○○や△△の反応の仕組みについて教えてください
moyamoya_man1.jpg
高校でも扱わないような内容でした。
「今はそんな事より受験に集中した方がいいよ。」
そう言おうと思いました。
しかし、勉強の中で様々な疑問が生まれるのは自然な事です
受験勉強も大切ですが、多くの事に興味をもっていくことも大切ですね。
難しい内容でしたが、Y君に詳しく説明しました。
その後、Y君はすっきりした表情で授業に集中していました

理系専任講師 三沢

視点

突然ですが、
・切り替えの早い人
・プラス思考の人
・いろんなものの見方ができる人
は成績が上がります

例えば、「テストの点が悪かった」時。
普通の人は「やばいよ~、マジ最悪」と凹んで終わり。
それだと成績は上がりません。

成績の上がる人は
「まぁ、入試じゃないからいいや。
この分からなかったところをやれば成績上がるのね」
こんな風に考えます。

…これって、勉強だけじゃなく全てのことに当てはまりますよね

文系専任講師 藤河

fa21f4ee1ff493c011fa1834c00cbbb6.jpg

似顔絵(中学生の場合)

「よく似顔絵を描かれる」
という話は以前のブログで書きましたが、
小学生だけではなく中学生にも描かれます。
今回描いてくれたのはI君。何やらニコニコしながら近づいてきます。
「先生!会心の出来だよ!」
そう言って差し出してきた絵がこちら。

「おにぎりの🍙自画像かな❓」
「先生自分の顔をおにぎりだなんて…
「もうちょいカッコよく描いて欲しいなー
「それは無理ですね
カッコよく描いてくれる人募集中です

文系担当 原(悠)

変化

冬期講習の頃から松進に通い始めた中1のAさん。
最初は15分ほどしかなかった集中力が、勉強することに少し慣れてきて、授業では1時間集中して学習できるようになりました
そしてこちらから「どうしてこの式になるの?どうしてこうしようと思ったの?」などの問いかけにも、最初の頃は何となく解いていたので答えられなかったのが、最近は答えられるように。ただ、答えながら
「あ…違ってる。
と間違いに気づく場面も。まだまだのところもありますが、ちょっとずつ、変わっています。
もうすぐテスト。がんばりが結果に出ると、このままやる気が継続できると思います。この調子でがんばれ~

study_woman.jpg

担当 石川

ラストスパート

1月末から中学3年生は受験直前の特別授業を行っています。
特に切磋琢磨講座は授業時間が3時間
DSC02133.jpg
近年の長野県入試は思考力を問われる問題が出題され始め、長考しなければならない問題もあります
授業では生徒の表情を見ながら解説の速さを調節したり、声をかけるのも怠りません。
難しい問題に生徒たちがどこまで理解できたか不安でしたが、帰り際
「ありがとうございました!!」
元気よく笑顔で帰って行く姿を見ると安心しました
後期選抜試験まで残り25日。
インフルエンザも流行っていますが、体調に気をつけて頑張りましょう

合格

「先生、合格しました!」
そんな報告が来るこの時期。
一人の高3生から着信が
しかし、授業中だったので、返答ができませんでした。
そして、その後にもまた着信、また着信

結局電話がつながったのは午後10時過ぎ。
そこで、「先生に直接ご報告したくて…。無事に〇〇大学に合格しました
実は他の先生から聞いていて、合格は知っていて本人にはメッセージを送っていたのですが、どうしても直接報告とお礼を言いたいということで、何度も連絡をくれていたとのこと。
彼の気持ちにこちらも嬉しくなりました

入塾は遅かったのですが、それを取り戻そうと我々の指導に必死についてきたA君。
その努力が報われて、私自身も改めて嬉しさをかみしめました。

文系専任講師 藤河

1.jpg

練習は裏切らない

私は、
「スポーツで何が好き❓」
と聞かれたら野球と答えます。
特にプロ野球のヤクルトスワローズは子供のころからファンです。
ここ数年は低迷していたのですが、
今年は毎日10時間以上の猛練習を課しているそうです。

練習が必要なのはスポーツも勉強も同じだと思います。
練習は裏切りません。勉強も裏切りません。
猛練習、猛勉強のその先にはきっと良い結果は待っています。
チームも子供たちもしっかり練習して、
今年は力強く羽ばたいてもらいたいと思います。


文系担当 原(悠)

自発的

高3生が授業から卒業して、自分たちが一番上だと実感し始めた高2生。もう既に受験勉強を始めている2年生もいますが、のんびりしていた人も
「〇〇を始めたんです!
という声が聞かれるようになりました。いい雰囲気です。
そして受験に数学を使わない、という生徒も出始めます。
「今度のテストで数学とは一生おさらばです!
と、何だか晴れやかな様子ながらも、
「でも一生で最後の数学のテスト、低いと嫌じゃないですか。
とがんばっています。
こういった自発的なやる気が見えるときが、実は一番嬉しく感じます

1014364.jpg

担当 石川

節分

2月3日の今日は節分。
松進でも授業の合間に生徒達と豆まきをしました
「先生、鬼がいないので鬼をやってください。」
生徒に言われ、お面をかぶって鬼を演じました
豆まきの後は、節分になぜ豆をまくようになったのか。
そして恵方巻きの歴史についてなど話しました。
年に一度の日本の文化
しかし生徒達は、まくより食べる方が好きなようでした
DSC_01201.jpg

理系専任講師 三沢

頑張れ!

私立大学の入試が今週、来週とピークを迎えます。
「それじゃあ、頑張ってきますね」と颯爽と教室を後にする生徒。
「今までありがとうございました」と律儀にお礼を言ってくれる生徒。
「受験終わったら自習しに来ます」と笑顔で言う生徒。
各人違いはありますが、今まで努力をしてきた、という点では一緒。
私としても、皆に笑顔になってほしい、と切に願います。

泣いても笑っても、入試、そして合格発表までは残りわずか。
最後まで全力で駆け抜けてほしいと思います。

文系専任講師 藤河

b7b3da11bafe5dd5814ad91a5037a5a9_s.jpg
松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR