FC2ブログ

自分を知る

新しく松進に来た塾生に指導をしていて思うのは「自分を知らないな~」ということ。
例えば、「〇〇の単語なら何割覚えてる?」と聞くと、「え~っと、5割くらいですかねぇ?」という答えが返ってきます。
そして、実際にテストをしてみると、覚えている量はそれ以下、というのがほとんどです
正直、「くらい」と言っている時点で既に怪しいんですけれどもね

自分ができること、できないことが分かっていないと効率的な学習は望めません。
その状況をしっかり知って、最善の策を取る事。
これは、どんなことをする上でも重要ですよね。
自分のことを知らないのなら、知る努力をすればいいだけなんですから

文系専任講師 藤河  1014364.jpg

運動の春?

日曜日は地域のソフトボール大会がありました。
毎年恒例のこの大会、今年も参加しました。
「バットを持てば誰でも強打者」
この気持ちで打席に入ったらヒットを2本打てました!
内野安打でしたが…。
地域の人もたくさん参加して、とても楽しい大会になって良かったです。


文系担当 原(悠)

実力テスト

今週は「第1回実力テスト」です
テストの前後には黙々と勉強する姿が。中3生は学校のテストが返されたばかりということもあり、「やばい、やらなきゃ」というスイッチが入った人も出てきました。
最初の頃は
「学校のテストでは取れるのに、塾のテストでは取れない
と話す学生が多いのですが、徐々にその理由や実力テストの意味を理解していきます。
特に春のテストは「絶対にできるようになってほしい基本問題」がメイン。しっかり復習しよう

担当 石川

経験

42998af8.jpg
先日職場体験をした○○中のSさん。
「保育園に行ったのですが、子どもたちとふれあえて楽しかったです。」
来週職場体験に行く△△中のH君
「来週スポーツ店でがんばります!」
昔(私の頃)と比べて職場体験の場所や職種も格段に増えたように感じます
多くのことを体験して感じる機会は貴重です。
将来に繋がる経験となればいいですね

専任講師 三沢

いただきました

今週も恒例のサラメシがありました。
今流行り(?)のシチューライス!
今日もおいしくいただきました。

ところで、
「いただきました」
はどうやら長野県特有の表現らしいです。
当たり前に使っている表現だっただけに、
知った時はちょっとびっくりでした。

文系担当 原(悠)

有限なのは

知ること、考えることが大好きな中3のA君。楽しんで学ぶのでとても良いのですが、なかなか進みません。本人もそれは承知なのですが、効率の良い勉強はつまらないので、ちょっと不満そう。
「何で、じっくり勉強したいときに、じっくり勉強しちゃいけないんですかねぇ。何で受験の年齢って決まってるんでしょう…
「うーん、別に法律で決まってるわけじゃないから、浪人して自由に勉強して、行きたい年に高校や大学受けてもいいんだよ
と言うと、
「いや、それはちょっと親に迷惑が…。
結局、お金なんだよね、というちょっと現実的な話になりました。
自分も昔同じ事を思ったので、何だか懐かしい…。
A君、大学生になったら、したい勉強をじっくり楽しめるからね

bu_052a.jpg 93FA967B91E58Aw83C838983X83g.jpg

担当 石川

思い出

5月に入り、各中学校でいろいろな行事が行われています。
強歩大会、職場体験、高原合宿
南箕輪中の経ヶ岳強歩大会は地元でも有名な伝統ある行事
箕輪中で行われた強歩大会は歴代最高記録が出たようです
生徒たちに様子を聞くと嬉しそうに話してくれました。
学校生活は勉強だけではないですね。
競い合うことの大切さ、そして喜びや悔しさも感じる事でしょう。
多くの体験や経験、そして仲間との絆を深めて成長してもらいたいと思います

専任講師 三沢

ゴールからの逆算

自分が大事にしていて学生たちにいう事が「ゴールから逆算しなさい」ということです。
・将来どうなりたいのか?
・そのために「いつまでに」「何を」しなければいけないのか?
この二つが決まっていれば、「いつまでに何ができていないといけない」というのが見えてきます
頑張ることはもちろん大事なのですが、「どう頑張るのか?」はもっと大事。
そのためにも、皆の「ゴール」を改めて考えてみてはどうでしょうか?

文系専任講師 藤河

yamanobori_woman.png

まだ!?

日課のランニングを続けています。
この日も走っていて、ふと森の方を見ると、
何やら怪しいもやもやが。
「ん~なんだあれ?」
と思ってよく見るとやけに黄色い。
「か、花粉だ!」
とびっくりしてしまいました。
まだ飛んでいるとは…


文系担当 原(悠)

歴史を訪ねました

GWを利用して福岡県に行ってきました。
そしてある縁がきっかけで、地元の方に福岡ならではの名所を紹介していただきました。
それがこれです。
DSC03136.jpg
「元寇防塁(げんこうぼうるい)」
鎌倉時代に、モンゴル軍の襲撃に備えて幕府が作ったものです。
実際は3メートルほどの高さだったようですが、年月と宅地開発の影響でこのような形で現代に残っていました。
当時の鎌倉幕府は切羽詰った状況だったのではないでしょうか。
福岡市のいたるところでこのような史跡を見て、説明を読ませてもらいました。
DSC03138.jpg DSC03137.jpg
教科書では有名な内容ですが、先人からの歴史に基づき今があることを改めて実感しました。

専任講師 三沢

やることの大切さ

実際に中に飛び込んでみない事って多くあります。
「やってみたら意外と簡単だった
「やらなかっただけだった
正直、大人になっても、こんなことばかりです

今日、A君の指導をしていた時のこと。
「勉強の仕方は…」と指示をすると、最初は「ホントっすか…」という表情をしていたA君。
しかし、進めていくにつれて「…?」「…!!」。
最後には「…先生、すいませんでした」と苦笑いでした。
要は「知っているか知らないか」「やるかやらないか」。
これだけ、なんですね。

文系専任講師 藤河

syukudai.jpg

一筋の

毎日ランニングをしていることは以前投稿しましたが、
ランニングコース中に見える八ヶ岳は本当にきれいで、
いつも違った風景を見せてくれます。
今日はこの一枚。

雲ひとつない真っ青な空に一筋の飛行機雲がくっきりと映えていました。
また夏がくるなぁ。
とふと思った時間でした。

文系担当 原(悠)

エビ

連休前、中学生のAさんからあるものをもらいました。

15257057780.jpeg

昔ガチャガチャで取ったという、「フェアリーシュリンプ育成キット」。田んぼにいる豊年エビの仲間だそうですが、乾燥卵やエサがセットになって入っています。
「先生、微生物好きみたいだから!昔やってみた時は生まれなかったんですよ
連休中に早速試してみたのですが、確かに、卵のままでふ化しません。水温や日光の条件も変えてみたのですが、変化なし。
ふ化したら休み明けに見せてあげられたのですが…
ただ、それも大事な実験結果。Aさんと、また次の作戦を考えてみようと思います

担当 石川

松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR