FC2ブログ

halloween

ハロウィンは終わりましたが、松進のハロウィンはまだ終わっていません。(笑)
今週一週間、松進の先生たちは思い思いの仮装や変装をして授業を行っています。
もしかしたら、
「えっ、この先生がこんな恰好を!?
と驚く人もいるかもしれませんね。
そう思ってくれる人が一人でもいてくれたら、今回のハロウィンは大成功!
ぜひ一週間、松進のハロウィンを楽しんでくださいね。


文系担当 原(悠)

ハロウィン週間

勉強の毎日ですが、そんな中でちょっとしたイベントは子ども達にとって楽しみの一つ。
今週は松進のハロウィン週間です
本部事務局の守護神「ゴジラさん」もハロウィン仕様になりました

15408702060.jpeg

今週は先生たちの仮装が見られるかも
どんな先生たちに会えるかな

担当 石川

三者面接

今日から中学3年生の三者面接を実施しています。
無題
多様化する入試制度
来年度からは地元伊那西高校も入試制度が一部変わります。
また、学科改変やコース変更、定員や志願者数の変動など、情報を知ることは受験でとても重要なのです
今回の面接は生徒の学力を見て受験校を決めるものではありません。
本人の気持ちを第一に考えて情報を伝え、前期試験や後期試験、私立の併願なども話しました。
面接の終わりに
「知らないことがわかって良かったです。ありがとうございました。」
そう言って帰っていきました。
まだまだ受験はこれから。
志望校合格に向けて全力でがんばりましょう!

専任講師 三沢

研修旅行

IMG_1253.jpg

松進の先生たちで研修旅行に行ってきました
今年の目的は静岡県
さまざまな事件?を起こしながらも、現地の人たちをふれあい、文化を学ぶ旅となりました

詳しくは、今月の松進タイムスで紹介いたしますので、期待していてくださいね

文系専任講師 藤河

慣性の法則

今週の小学生の理科実験はこれです。
名称未設定
そう、ダルマ落としです
今週は「慣性の法則」についての実験。
「やった~!」
「もう一回!」
教室は大盛り上がり。
仕組みを説明してもダルマに夢中。
生徒たちにとって遊びになってしまったのでしょうか
しかし、楽しく学ぶことは良いことですね。
楽しく学びながら慣性の法則を体験しました

専任講師 三沢

分かれ道

先日、所用で名古屋に行った時のこと。
高速バスで帰ろうとして「席は○○の藤河です」と言うと、「あの~予約入ってないですよ」と係員の方の一言。
「んなわけないでしょ」と改めてスマホの画面を見てみると…
前日のバスを予約していました

改めてバスの予約を取り直したので問題はなかったのですが、かなり焦りました。
ただ、私はここからが大事だと思っています。
「失敗しちゃった」で終わるか、「じゃあ、次どうしよう?」と考えるか。
ここが成長するか否かの分かれ道だと思うんですね。

これは勉強も同じ。
上手くいかないことや失敗することはあります。
そこから、どう学び次回に活かしていくか。
学生たちには、心がけてほしいです

文系専任講師 藤河

bus.jpg

気づく

授業前、子どもたちが
「こんにちはー
と教室に入ってくると、いつも出迎えに行くのですが、
その時に、ふと気づくことがあります。
「・・・いつの間にか背が伸びたなー

出会ったころは自分の胸あたりの背丈だった子が、
気づくといつの間にか自分の肩よりも上に目線があったりします。
「今年に入って結構伸びたんだよー。成長痛で足が痛いけど
「そうかー、じゃあ来年には頭が天井を突き破ってるかもしれないなー
「あはは、そんなに伸びるわけないじゃーん」

子ども達の成長を、勉強以外の面で気づき、うれしく感じました。


文系担当 原(悠)

松進サラメシ会

月に1度の松進サラメシ会
今日の当番は三松先生・悠矢先生・こばやん先生です。
とてもおいしいハヤシライスとスープ、そして原塾長の育てた水菜のサラダ。

15396059390.jpeg

採れたて新鮮なサラダは、あまりに新鮮すぎて見た目がウサギのごはんのような…?
それは見た目だけで、とてもおいしいサラダでした
3人で狭い台所でぎゅうぎゅうしながら用意してくれたのかなぁ。
ごちそうさまでした

担当 石川

成長

今週、各中学校では中間テストを迎えています。
2学期に入り、受験生たちも私も気合いが入ります。
そんな中、今週の授業では、関数の難問を指導しました。
DSC_0118.jpg
4月の頃は難しいと感じるような問題でしたが、解説すると理解しているようです。
表情を見ても迷う様子もなくノートに書き込む姿。
少しずつ力を蓄え、成長をしているようで安心しました。
このままの調子で志望校合格に向けて頑張りましょう!

なくしてわかるもの

首を寝違えて、痛みに苦しむ日々を送っています
そうなってわかるのは「日常が日常であることのありがたみ」です。
・日々、痛いところもなく暮らしている
・家族と一緒にいられる
など。
日常を平穏に暮らす幸せは、実際に問題が起きると痛切に感じます

受験生にとっては、「入試に失敗する」が問題と言えるでしょうか。
そうならないためには、やはり「日々の勉強」が大切です。
幸せな生活を続けるために、努力や意識は必要だと改めて感じますね。

文系専任講師 藤河

f66227db66df4797a6a2ad248a2bdbf6_s.jpg

秋の足音

10月に入り、肌寒くなってきました。
子供たちが着ている服が一枚増えているのを見ると、
「もう秋だなあ」
と実感します。

秋の訪れを感じるのは別の所でも。
夏、ちょっと目を離すとすぐに校舎にスイートホームを建てていた蜘蛛🕷
今ではすっかり巣を作るスピードが遅くなりました。
注意深く観察すると、意外な所で秋を見つけられるかもしれません。

文系担当 原(悠)

英語検定

土曜日に英語検定を実施しました
ほとんどの学生にとって、受験する級はちょっと難しい問題です。
みんなが挑戦する姿、真剣に取り組む姿はとてもかっこいい
この気持ちの良い緊張感と集中力、終わった後の爽快感は、スポーツと似ていると思います
受験の年だけでなく、年に一回は受けてこの気持ちを味わってほしい!
みんな合格しますように

DSCF4110.jpg

担当 石川

やりたいことを貫く

先日、東京大学大学院に在籍している元松進生のK君に会いに東京に行ってきました。
実は毎年会っているK君。
今年も会えるのを楽しみにしていましたが、今回は更に、東京のお店で料理長を務めている元松進生のY君のお店に行ってきました
お店に入ると笑顔で迎えてくれたY君
K君と一緒に昔話に花が咲き、楽しい一時を過ごすことができました。
今回会いに行ったK君とY君は、共に歩む道は違いますが共通して言えることは
「やりたいことを貫いている」
ことです。
高校生の頃からの夢を追い続け、頑張っている二人
彼らの更なる成長を楽しみに感じました

専任講師 三沢

オンとオフ

先日、A君と話していた時のこと。
「この前、友達と遊んじゃったんですよね
と暗い表情。

私「ん? なんでそんな暗いのよ?」
A「いや、俺、受験生じゃないですか…
私「いいんじゃない?」
A「!?」

私が受験生を見ていて、「成績が上がりそうだな」と思う基準の一つに「オンオフの切り替えの上手さ」があります。
その話をすると
A「確かにそうですね。でも、いっつもじゃまずいっすよね?」
私「そりゃ、そうやろ!」
最後には笑い話になっていました

文系専任講師 藤河

fb133f3428f4f8053e4e116bacbdcab3_s.jpg

継続

中学の2学期中間テストが佳境を迎えています。
今回も、テストの結果に喜んでいる子、満足していない子とさまざまです。
ここでちょっと一息つきたいところですが、そうは言っていられません。
松進では、10月25日~27日に2学期期末テスト対策の授業を行います。
継続することで結果がついてきます。
気を抜かずにがんばりましょう。



文系担当 原(悠)

中学校文化祭

先週末は中学校の文化祭。
先生たちとあちこちの中学に出かけました
絵や習字、工作、社会科新聞・・・。作品や学校での様子を通して、普段はあまり知ることのできない特技や個性を感じることができるので、毎年とても楽しみです
夏から入塾したAさん、普段は女の子らしい丸っこい字を書くのに、習字がとてもカッコ良くきれいで、金賞!
警察署に職場体験に行ったB君、体験記の「人は~~のために働くことが分かりました」という欄に「お金」と書いてあったけど・・・なぜその職場でお金何を感じたのか、詳しく聞きたくてたまらなくなりました。
今週、絶対聞いてみなくちゃ!

15384084300.jpeg 15384084550.jpeg

担当 石川
松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR