FC2ブログ

やればできる…

先日、Mさんと話をしていた時のこと。
「先生から言われたことをやれば出来るのはわかってるんですけど…
「なら、やるしかないよね
「そうなんですよね…。でもなかなかできなくて
やったら出来る!ということが腑に落ちていれば、後は本当にやるだけです。
後は「どうすればできるか?」を分割して考えるだけ。
「ならいくつか聞きたいんだけど…」
10分後には「言われた通りに頑張ります!」と笑顔でMさんは帰って行きました。

後は行動するだけ!

文系専任講師 藤河

syukudai.jpg

選挙

「今日は選挙だった
と、小4のA君。学校の児童会長を決める選挙をしたそうです。
「B君の言ってることがいいなって思って、B君に投票した。」
「B君は、毎日朝元気にあいさつするのが良いって言ってて、いいなって思うし、毎週ドッヂボールのクラスマッチするって

そんなA君の話を聞いていたら、ハッとしました。
民主主義って、選挙に参加するって、こういうことなんだなぁと。
日本の政治は複雑化してこんなにシンプルには動かないですが…
「高校生が模擬選挙をして投票への意識を」というような活動を見かけます。でも実はもっと前に、民主主義や選挙の全てを実体験して学んでいるんですね

senkyo_touhyo.png

担当 石川

吉報続々

juken_goukakuhappyou_happy.jpg
先週から私立高校の合格発表が始まりました。
そして昨日、国立長野高専の合格発表があり、受験をした塾生が合格しました。
その中のR君。
中学1年生の頃から長野高専に憧れ、3年間ひたすら頑張ってきました
そんな姿を見ながら指導していた私。
「おめでとう!」
「あ、ありがとうございます!」
R君はまだ実感が無いようで、私の方が興奮していました。
受験は一通過点でしかありませんが、人生にとって大切なターニングポイントとなります。
そして努力をすることは人生の中で貴重な経験となることでしょう
これから高校受験も大学受験も本格化してきます。
みなさん、全力尽くして頑張りましょう

専任講師 三沢

センターまで…

センター試験が終了しました。
高3生たちは、それぞれの目標に向けてもうひと踏ん張り。
最後まで頑張っていってほしいと思います

一方で、高2生にとっては、センターまで残り一年。
新たに気持ちを入れ直している学生も多いようで、我々も見ていて気合いが入ります
これから一年、頑張って笑顔で大学生になろう!

文系専任講師 藤河
IMG_5500.jpg

灯台下暗し

今住んでいる所に住み始めてから7年くらいになりますが、
すぐ近所のことであっても知らなかったり、分からなかったりすることがあります。
ジョギングをしていて、ふと今まで通ったことの無い横道に入って見ると、

歴史の教科書でしか見たことがないような唐箕が!
ちょっとした驚きでした。

文系担当 原(悠)

サラメシ

久しぶりの松進サラメシ会。
こばやん先生作の「生姜焼き丼」と、私が作った大好物の「お雑煮」です
生姜たっぷりでとてもおいしい!
私のは…お雑煮だと誰も思っていませんでした
塾長も「このお吸い物みたいの」と言っておりました。
お正月明けに書いたブログ記事のように、やはり正月料理は家庭ごとの差が大きいようですね。
大好物なので、全国各地のお雑煮を食べてみたいものです

15481640160.jpeg

担当 石川

センター試験

DSC01930.jpg
今日から大学入試センター試験が始まりました
初日の試験では一部の試験会場でミスがあったようですが、大きな問題はなかったようです。
塾生からも初日を終えての感想と、明日に向けての意気込みがメッセージで送られてきました。
そして明日は理系科目となる理科と数学が行われます。
太平洋側では雪の予報が出ていますが、受験生にとって無事に試験が行われることを祈るばかりです
気持ちを落ち着けて頑張りましょう

専任講師 三沢

最後の授業

高3生のセンター前の最後の授業をしています。
「落ち着いてな」
「ケアレスミスだけ気をつけてな」
「時間配分を注意して」
など、一人一人の状況を考えた最後の一言を、今週はずっと考えていました。

彼らの人生の分岐点となる1月19,20日。
彼らにとって満足の行く日であることを、ただただ願うばかりです。

文系専任講師 藤河

DSC03460.jpg

風の子

寒い日、元気に塾へ来る子供たち。
服を見て驚愕。
「半袖で寒くないの⁉️」
「車の中暑かったから大丈夫🤗」
だそう。
大丈夫かなあ…


文系担当 原(悠)

最後の一週間

今週末はいよいよセンター試験。
「もう、取れた点で行けるとこに行くしかないですしね
とさっぱりしたような、ちょっと疲れ気味のA君。
「合格する点を取ろうと思うんじゃなくて、今までの最高点を目指せばいいんだよ
受験に臨む学生は、オリンピック選手と同じだと思うのです
周りと比較してビクビクしながら金メダルを狙うよりも、自分が一番最高の状態で最高の記録を出すように集中すれば、納得の大会になります。最終調整の一週間です。
「確かにそうですよね
体調、頭の回転、メンタル…最高の状態に調整していこう

0153.jpg

担当 石川

カルタ取り

今週、小学生の授業でカルタ取りをしました。
DSC_0323.jpg
カルタはお正月遊びの定番の一つ
でも松進のカルタは一味違います。
カルタと勉強を併せて一工夫
「あ~、そこそこ!」
「何だっけな~
どこにあるかわかっているのに取れない。
大盛り上がりとなりました!
これはかなり勉強になったのではないでしょうか
一工夫ならではの授業となりました。

専任講師 三沢

常にアップデート

「先生たちって、羨ましいですよね~
「ん? なんで??」
「だって、もう勉強しなくてもできるじゃないですか」
「いやいや、何言ってるの? 多分Kさんより勉強してるよ

先日のKさんとの会話ですが、実際に我々も自己鍛錬の日々を送っています。
・どうすれば、さらにわかりやすい授業ができるのか?
・どうはなせば、生徒に自分の意図が伝わるのか?
勉強することは本当に数多くあります。
常にアップデートを行っていかないと、時代に取り残されるばかりですからね

文系専任講師 藤河

study_woman.jpg

始動

今週から松進の3学期の授業が始まりました。
今日はとても寒かったのですが、
校舎には、授業だけではなく、自習をするために早い時間から多くの生徒が来ました。
勉強に向かう姿勢は真剣そのもの。
「がんばってるなぁ」
と、とても頼もしく感じました。


文系担当 原(悠)

おせち

みんなはおせちって作るのかな?と思って聞いてみると…
「作りましたよ!毎年手伝わされます
「ネットで買います。いろんなのが売ってて、お母さんが毎年違うのを試してる
様々ですが、全体としてまだ作る派が多いようです。
Aさんは、お母さんが外国出身。
「売ってるおせちやお雑煮を見て、真似て作ってくれるんですけど、正しい味なのか不明
なるほど…でも正月料理は、親の出身地に関わらず正解が分かりにくい。どこの家庭でも独自の進化を遂げているものです。
かえってAさんの家のように、外のものをまねて作る方が、一般的な正月料理に一番近いのかもしれませんね

35215_sample.png

担当 石川

頑張れ受験生!

newyear_sec60.jpg
新年明けましておめでとうございます
今年も生徒のたくさんの笑顔がみられるよう尽力したいと思います

さて、新年といっても受験生には試練のとき
テレビの特番やお正月の雰囲気など誘惑が絶えません。
高校3年生にお正月の様子を聞くと
「ずっと勉強してました。でも、あと少しの我慢だと思って頑張れました!」
苦笑いしながら答えてくれました。
受験生のみなさん、今の努力がきっと良い結果に繋がると信じています。
センター試験まで残り2週間
体調に気をつけながら頑張りましょう

専任講師 三沢
松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR