FC2ブログ

節目

いよいよ3月もあと数日で終わります。
塾で生徒たちを指導をしていると、節目の時を感じることがあります。
その中でも3月は1年で一番印節目の月だと感じます。
受験直前の苦しさ
合格の喜び
卒業と旅立ち
2年生は受験への第一歩を踏み出します。
こうして子どもたちが成長していくことを改めて実感します。
4月から新生活が始まります。
それぞれの夢の実現に向けて充実した1年にできるよう一緒にがんばりましょう
free_02_8685_liab_1024.jpg

専任講師 三沢

新年度に向けて

いよいよ新年度も目の前。
年々、一年が速く感じるようになってきているのは気のせいでしょうか?

ただし、それは学生たちもきっと一緒。
特に受験生にとっては、この一年はあっという間に過ぎていくでしょう。
来年の四月をどう迎えられるかは自分次第。
みんな、笑顔で迎えられるように頑張ろう

文系専任講師 藤河

fc2blog_20180415183732183.jpg

今の現実

春期講習を受ける新中3生。今は総復習し基礎を固める時期ですが、入試問題にも少し挑戦してみました
今までと違い様々な分野が混ざった問題。ほとんどの学生が自分のできなさに愕然とします。簡単な問題さえ「あこれ何だっけ…
松進式勉強法の大切さ、やらなければいけない量の多さを実感できたようです。
今までそれなりの成績を取れていたA君も、忘れていることの多さにショックを受け、次の回から自習にも来るように。
「ほんと、やばいです…
でも、自分のできない部分に目を向けて行動を変えたA君は、かっこいい
がんばっていこうね

706655.jpg

担当 石川

春に向けて

春期講習が始まりました
講習は各学年に応じた指導を行っています
新中学2年生には基礎固めや記述対策。
新中学3年生には過去問を使ったテスト対策。
新高校2、3生は弱点箇所を中心とした受験対策。
そして新中学1年生と高校1年生は新学期に向けて先取り学習をしています。
それぞれの学年がそれぞれの勉強を頑張る春。
充実した春休みを過ごしましょう
_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1490095806629.jpg

専任講師 三沢

行きたい高校へ

昨日、伊那文化会館で中2生対象の「高校入試進学指導会」が行われました。
会では入試の仕組みや、合格するための勉強法など多岐にわたって説明を行いました

「まだまだ、受験までは…」と思っていた中2生たちも、入試まで残り一年。
引き締まった顔で、会を後にする姿が印象的でした
みんな、来年の3月は笑顔で迎えよう!

IMG_1704.jpg

拍手

各校舎で合格祝賀会が行われました。
合格者の番号は、インターネットより先に各高校で掲示されるので、
各先生が、それぞれ担当の高校で合格発表を待っていたのですが、
待っている間は、緊張して足が震えていました。
それは毎年変わりません。
そして、番号を見つけた時のうれしさ。
これも毎年変わりません。
「合格してよかった・・・。
毎年本当にそう思います。
これからの高校生活はあっという間に過ぎると思います。
有意義なものになるか、そうでないものになるかは、
学生たち自身の手にかかっています。
是非、これからの学校生活を充実したものにしてください。
私たちはいつまでも応援しています。
合格おめでとう!

文系担当 原(悠)

発表

今日は県立高校入試後期選抜の合格発表でした。
合格したみなさん、おめでとうございます
「どうしても受けたい」と成績より背伸びして出願した子。
試験後、「失敗したんです…」と不安そうだった子。
合格を伝えると、電話の向こうで家族で大騒ぎになりました
「本当に先生方のおかげです、ありがとうございます
「高校でもよろしくお願いします!
今日は新しいスタートの日ですね
また一緒にがんばろう

15529047760.jpeg

担当 石川

成長

5128-1.jpg
地元の小中学校では今週末卒業式が行われました
卒業後もいつも通り自習に来た中学3年生のMさんとYさん。
「卒業した実感がわきません。」
その言葉を聞いて、私もそんな感じだったことを思い出しました。
「じゃあまた!」
そう言って何年も会えない友達もいました。
でも、会えなくなることは考えられなかったので寂しくはありませんでした。
MさんとYさんも同じかもしれませんね。

2人はこれから先、多くの出会いと別れがあるかと思います。
そんな機会を大切に、一歩一歩成長してほしいと思いました

専任講師 三沢

「知っている」と「できる」

学生たちと話をしていると、「知る」と「できる」を混同している場合が多いことに気づきます
・知っている → 知識があるけれど、使いこなせない
・できる → 知識があり、それを使いこなせる。
この違いなのですが、それだけ話をしてもイマイチ伝わりません

そこで、部活を例にして話をすると…
「あぁ、確かに」
「それヤバイっす。ちゃんとやらないと」
と顔色が変わります。
「知っている」だけでは意味はありません。
みんな「できる」にしていこう!

文系専任講師 藤河

DSC03460.jpg

8年

今日で東日本大震災から8年になります。
被災地の信じられない映像、電話が繋がらなくなり、テレビ放送は自粛され、お店に物が届かず、節電で真っ暗だった街。当時の気持ちを、どれだけ覚えているでしょうか。
子どもたちと話題には出しますが、あの時のことを鮮明に覚えているという子は少なくなっています。
今の中学2年生は当時小学1年生。周りが騒いでいた事は覚えていても、自分の経験として記憶に残っているという感じはありません。
一方、あの津波の映像を目にし、様々な事を感じた私たちも、震災以前の生活にほぼ戻っている気がします。
一年に一度は、こうして身を引き締めなくては、と思います。

24257512.gif


担当 石川

泡の実験

今週はクエン酸を使った実験を行いました
私の実験ではお馴染みのクエン酸。
使い方次第で不思議な実験がたくさんできます
今回は泡を発生させて観察しました。
普段、クエン酸で発生させた泡はすぐ消えてしまうのですが、ある工夫をすると泡は消えません。
それどころかどんどん増えていきます。
DSC_0364.jpg
泡が溢れないように洗面器を用意しましたが、もう少し分量を増やしていたら大変なことになっていましたね(笑)。
生徒たちも増える泡に大興奮。
今週も大成功となりました

専任講師 三沢

入試当日

昨日、長野県の公立高校の入試が行われました。
その夜、いつも自習に来ている中3のMさんが松進に。
話を聞くと、「入試のやり直しをしたかったので・・・」とのこと。

Mさんの将来の夢は知っていたので、進路の話をすると、
「言われたことは真剣にやりますのでお願いします」と笑顔で言ってくれました。
こんな学生を伸ばせなかったら、塾講師失格ですね。
彼女が3年後を笑顔で迎えられるように指導にも気合が入ります。

文系専任講師 藤河

DSC01941.jpg

お疲れ様

多くの高校で後期選抜試験が終わりました。
受験生たちは、この日のために一生懸命勉強してきました。
受験生の皆さん、よく頑張りました。
昨日までの頑張りが報われるよう祈っています。
そして、19日の合格祝賀会では、とびきりの笑顔を見せてください。

お疲れ様でした。

文系担当 原(悠)

春期講習受付開始

春期講習の受付を開始しました

15517039570.jpeg
(箕輪校以外は22日開講です)

「新学期からがんばろう」「部活が落ち着いたらがんばろう」では、志望校合格や成績アップに間に合わない場合があります。
時間がある春休みから取り組むことが、とても大切。大きな差につながります
充実した春休みにしよう

担当 石川

最後の週末

DSC_0157.jpg
来週、公立高校後期試験を控えた中3生たちが今日も夜10時まで自習をしていました。
いつもなら夜10時になると早々帰って行く生徒ですが、今日はなかなか帰りません。
「いよいよ来週、緊張するな~
「寝坊するなよ(笑)」
「寝坊したら来年の受験まで寝てるから(笑)」
お互いに励まし合い、試験前最後となる週末を実感しているようでした。
この1年いろいろなことがありました。
なかなか家庭学習がとれないJ君。
勉強のやり方が間違っていて、年明けから伸び始めたMさん
紆余曲折ありましたが、みんな見違えるように成長しました。
そして、いよいよ来週は本番。
全力が出せるよう祈っています

専任講師 三沢
松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR