FC2ブログ

新コロナ対策を塾はもっとすべきだし、できるんじゃないの?

先日、ローカル紙の塾特集に我が塾、松進の広告が出た。
そこで目についたのが、ほとんどの学習塾が春期講習生を募集していたことです。
そのページを見て
「ん~ …… 新コロナ感染は止まらないし広がるばかり。生徒がかなり少なければ感染の危険性が低いかもしれないけれど、いっぱい集まったらどうするんだろう。広告に新コロナウイルスに関する注記がないから、たぶん教室に生徒を集めてみんな一緒に授業やるんだろうな。子供の健康や命をどう考えているんだろうな」
と思った.。
実は政府が学校の臨時休校を発表した翌日から、先生たちみんなで春期講習をどうするのか、やるのかやらないのか話し合った。
春期講習生募集を開始していたから、みんなどうしようか迷った
だけど生徒を何人も教室に集めて授業をするのは危険だ。
生徒の健康第一で行こう。
他の方法を考えようということになった。
つまり春期講習生募集を中止したのだ。

それから先生たちみんなで対策をいろいろ考えた。
よし!オンライン授業しかない!
だけど授業映像を見せているだけのオンライン授業は授業じゃない。
講師が直接に指導をしないとか生徒も質問ができないなどのオンライン授業は授業じゃない。
生徒の顔や様子を見て直接指導する授業、質問に答えながら進行する双方向授業をやろうということになった。
そして準備開始。
やっとオンライン双方向授業の準備が最終段階に来た。\(^o^)/

各家庭の事情もあって、新コロナへの対応が100点満点というわけではないが、90点以上と言ってもいい対応ができる所まで来た。
近隣の大手学習塾を含むたくさんの学習塾がやれていないことをウチの塾がやれたしやろうとしている。
短期間でここまでできたのは、やっぱり先生たち(全員専任講師)の熱意と力だと思った。
松進はハンパね~!
マジで。(笑)

みんな、今日もがんばってる。
すごいよ、みんな。ヽ(≧∀≦)ノ

松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR