FC2ブログ

コロナだけど教育者が忘れちゃいけないこと

コロナが上陸するまで私たちにあった「普通」がぶっ飛んでしまっている。
今までの「普通」の見直しがあらゆる分野で進んでいるのだ。
コロナ前、塾を取り巻く環境の変化とともに塾に変革が求められていたが、このコロナでさらに変えなければならないことが出てきている。

しかし忘れてはいけないことがある。

子供を伸ばすことが私たちの仕事だ。
子どもはそれぞれなのだから、伸ばすための教育も個々で異なる。
その個々に対応するために指導者がもたなければならない大事なこと、それは、とことん子どもに寄り添う心だ。
これがなければ良い教育手段も功を奏しない。
「寄り添う心」、これは不変の真理だと人々の「普通」を変えているコロナ禍で改めて思った。
松進のブログです
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR